不登校児ママの発達相談外来

発達障害や不登校の子供たちを診療している小児科医です。わが子も発達障害&不登校で日々格闘中。

投資のススメ ③     〜投資の始め方〜

投資をしてみよう!と思った時、何から始めるか


アラフィフくらいの人まで限定になるが、私のオススメははっきり決まってる



まず、証券口座を開設。



クレジット機能付きの楽天カードを持っている人なら楽天証券、持っていないならSBI証券


証券口座ができたら、積み立てNISA and/or iDeCo手続きを開始

IMG_8034

積み立てNISAは基本的には誰にでもオススメ。

でも、iDeCoは、50代以上の人、それから所得税を納税していない人(専業主婦や扶養の範囲内で働いている人)にはメリットが少ないからオススメしない


iDeCoは節税効果がつみたてNISAに比べてもとても高い(利益が非課税になることに加えて、iDeCoでつみたてた金額が、お給料から所得控除される分、税金が減額される)から、上記以外の人、50代以下かつ所得税を納税している人で、60歳まで使う予定のないお金として積み立てられる人は、積み立てNISAよりiDeCoを優先してはじめるべきだと思う。




それから、積み立てNISAもiDeCoも、投資できる限度額が決まってるから、可能な限りでたくさん投資したら良いと思う



証券口座を開いて、NISAやiDeCoの手続きをして…と、ここまででもものすごく労力がかかる

書類を揃えたり、いくつものパスワードを決めたり。



でも、それさえ何とか切り抜けたら



あとはお金を振り込んで投資する投資信託を決めるだけ


(続く)





FullSizeRender


久しぶりに新しいお花を買った

緑とピンクのスイートピーと、カスミソウ


緑のスイートピーはすごく珍しいのか、花言葉を調べたけど、全然載ってなかった

ちなみに、ピンクのスイートピーの花言葉は「繊細」

食卓が明るくなりました



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

親御さんの見立て、私の見立て

発達相談外来では、「子供が支援を受けるべきかどうか」親御さんから、それから教育委員会や小学校から意見を求められる




私は、私自身のこれまでの外来で得た経験や知識をもとにどの程度の配慮や支援が必要か、私の考え、見立てを伝えている。


親御さんも、教育関係者の方も、私も同じ意見になることもあれば、見立てが異なることもある。


就学時健診がある秋ごろに外来で会った子供たちと、次に会うのは小学校入学後だから、支援の形がどのようになったかは、その時に知ることになる。



支援を勧めていた子供が、支援を得て楽しく学校に通っていたら、「良かったな」と思う


支援を勧めていた子供で、でも通常級に進んだ子供が、楽しく学校に通っていたら、「良かったな」と思うと同時に、「親御さんの見立てはやっぱりすごいな」と思う



きっと、支援学級に入級するべきかどうか、すごく迷っただろう。

でも、我が子の力を信じて通常級に送り出した。


そして、その子は親御さんの期待、見立て通り通常級で力を発揮できた


本当に良かったと思う


結果的には自分の見立てより、親御さんの見立てが「正しかった」のだと思う。


そんな経験もたくさんしているから、私自身、自分の見立てが絶対ではないことは十分にわかって?思い知って?いる。




親御さんは、私よりもずっとお子さんのことを知っている。


生まれた時から一緒で、成長を見守ってこられたのだ。

IMG_8033

だから、いろんな人から意見を聞いて、その意見を参考にしつつも、親御さんの思いを通されたら良いと思う



その結果が良ければそれは幸せなことだし、もし結果がうまくいかなくても、うまくいくように修正すればよいだけ。


私は、私の役割なので「迷うなら支援を」を言い続けます







IMG_8095

3回目の豆苗採取

パックに書いてあったお勧めは2回までだったけど、まだお豆が元気に見えたから、3回目も育ててみた。


2回目までに比べると、生えてくる芽の数が少ないし、全体的に細くてひょろひょろ

美味しく食べるには、限界なのかな。


冬に植物を栽培できて、楽しかったな。

また豆苗買ってこようっと



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

不登校仲間

ドルジは小学校5年生から不登校。

小学校の間はトータルで3分の1くらいは教室に顔を出せていたけど、中学校でははじめの1週間だけ教室に行ったが、その後は全く行ってない


そんなドルジのところに、毎日のように遊びに来る不登校仲間が1人いる

彼も同じ小学校出身で、やっぱり小学校高学年から不登校になっていったよう。



彼の場合は、今は週2、3回教室に行って、それ以外は家で過ごしているよう。

そして、放課後の時間帯は我が家で過ごす。


もっぱらゲームをしてばかりだけど、まおやゆづも一緒に、4人で楽しそう


彼は、外に出る機会の少ないドルジに、外の刺激を運んで来てくれるありがたい存在。



不登校になった子供たち、不登校になる理由はさまざまだけど、人に疲れ、人から傷つけられた経験はみんな大なり小なり持っている


そして、それ以上傷つかないように、傷つけられないように不登校にならざるを得なかった。



家でゆっくり休み、家族の暖かさに触れ続けることで、子供たちの傷は少しずつ癒される。


でも、ある程度傷が癒されたら、次は家族以外の人の関りがないと、治るスピードが停滞してしまうように感じる。


「人は、人によって 傷つき 人によって 癒される。 人にしか 癒されない」


誰が言ったことなのか、調べてみたけど、わからなかった。


私も、本当にその通りだと思う


ドルジと不登校仲間は、お互いに傷を癒やしあっているのかもしれない。

IMG_7963

そんな相手がいて、良かったなぁと思う今日このごろです






FullSizeRender


友達に九条ネギとじゃがいも、紅マドンナをもらった

紅マドンナ、今シーズンは食べてなかったから、すごく嬉しい


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



人気ブログランキング
ギャラリー
  • 投資のススメ ③     〜投資の始め方〜
  • 投資のススメ ③     〜投資の始め方〜
  • 親御さんの見立て、私の見立て
  • 親御さんの見立て、私の見立て
  • 不登校仲間
  • 不登校仲間
  • 誰が診る?どこで診る? ②
  • 誰が診る?どこで診る? ②
  • 手帳をとること